Event is FINISHED

ベジライフ(野菜中心の生活)で 「食べて社会貢献する」仕組みを学ぼう

Description


【講座内容】
●「家畜は、世界のすべての車とトラックを合わせたより多くの地球温暖化ガスを発生させている」
(2006年FAOのレポート「Livestock's Long Shadow」)
●「地球温暖化を抑止する最善の策は、全ての人がベジタリアンになること」
  (2006年国連気候変動枠組み条約事務局 デブア前国連事務局長が発言)
●「各自が1週間のうち1日を『ミート・フリー・デー(肉を食べない日)』に設定し、この日数を徐々に増やしていく(2008年ラジェンドラ・パチャウリ国連IPCC議長が提案)
世界の環境リーダーたちが、ベジライフ(菜食)を薦めるには、理由があります。
その仕組みを分かりやすく解説します。

【日時】 10月26日(土)10時30分~12時

【会場】 東京ボランティア・市民活動センター 会議室B

【参加費】1500円(ベジ料理試食付)

【参加対象】社会貢献および食生活に関心のある全ての方

【定員】  40名

【講師】NPO法人 THINK AGAIN代表理事 岩溪寛司
健康改善がきっかけでベジライフ(菜食)に出会う。食生活をベジ中心に変えることで体調、そして精神的にも健康を実感。更に、ベジライフが自身の健康だけでなく、社会、地球全体の課題解決にループ状につながることを知り〝ベジライフスタイルをもっとたくさんの人に広げたい〟とNPO法人 THINK AGAINを創立。21世紀のライフスタイルとして、「楽しむ」をキーワードに、ベジライフを実践、普及啓発している。


Event Timeline
Sat Oct 26, 2013
10:30 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京ボランティア・市民活動センター(会議室B)
Tickets
一般(ベジ食材試食付き) ¥1,500
Venue Address
〒162-0823 東京都新宿区神楽河岸1−1 Japan
Organizer
ベジライフスタイリスト運営事務局
16 Followers